自由な働き方や、クリエイティブなイメージからWebマーケティングの領域で活躍したいと考える人は増加しています。特に興味を持たれるのが、異業種からの転職に備えて転職前に力をつけたいというような話です。

しかし、安心してほしいです。Webマーケティングは、会社に入らずとも独学で即戦力レベルになれます。本記事では、Webマーケティング領域に転職したい人向けに独学でも即戦力レベルまでスキルを伸ばす勉強方法をご紹介します。


Webマーケティングで活躍できる人の特徴


物凄く偏見も入っていますが、Webマーケティングで活躍できる人材の特徴としては、以下の特徴を持つ人だと思っています。

・細かい作業が得意な人
・PDCAが回せる人
・個人サイトで実績を出している人
・新しいことが好きな人
・テクニカル領域が得意な人

Webマーケティングは、豪快で華やかなイメージだったり、胡散臭いイメージなどが先行すると思いますが、基本的には細かい作業を継続的に行える人が実績・結果を出していることが多いです。

特に、個人サイトで常にPDCAを回している人は成功する事例が多いですし、Webの新技術に敏感な人ほど活躍する傾向が高いです。そしてここで言いたいのは、これらは独学でも出来るということです。

Webマーケティングの独学方法(3パターン)


Webマーケティングの独学方法には、大きく3つの方法があると思っています。SEO関連の2つと、Web広告関連の1つです。以下にて詳しく説明していきます。

コンテンツマーケティングを勉強する方法

コンテンツマーケティングを独学することで、コンテンツ系サイトのSEOについて理解できます。コンテンツ系サイトとは、オウンドメディアなどの記事コンテンツで流入獲得を想定したWebメディアです。基本的にブログのようなメディアはコンテンツ系サイトに分類されます。具体的には、以下の手順です。

手順1: 興味分野とキーワードの特定

まずは、自分の興味のあることでたくさん記事が書ける分野を選びましょう。ブログの場合には、続けることが一番大切です。大抵は100記事を書ききった後が勝負ですので、最低でも5個くらいは候補を出していきましょう。

候補となる分野を選んだ後には、主軸となるキーワードを選びましょう。もし、副業について書きたい場合にはメインのキーワードが「副業」となります。この作業を行う理由は次で説明します。

手順2: キーワード調査

メインキーワードが出揃ったら、メインキーワードの検索ボリュームを調査します。検索ボリュームを調査しないとそもそもキーワードに関する情報に需要があるのか否かがわからないはずです。

キーワードの調査には、Google Keyword Plannerがオススメですが、リスティング広告を出稿していないと具体的な数値が確認できないので、ここでは有料ツールなのですが、Mangools社のKWFinderを使用することをオススメします。KWFinderについてはこちらの記事に詳細を記載します。

主軸キーワードの検索ボリュームは大抵の場合には、10,000~30,000となります。10,000~30,000のキーワードに関する記事を書いていきなり検索順位で10位以内を取るのは難しいので、まずはロングテールキーワードを探して、ロングテールキーワードの一覧をリストとして残します。ここから順番にライティングを行うだけで準備は完了です。

手順3: ドメイン取得とWordpressのインストール

実際にブログサイトを開設しましょう。今はアメブロやNoteなどいろいろなブログメディアがありますが、メディアの勉強もかねてWordpressをインストールして環境を構築するようにしましょう。

WordPressはお名前ドットコムでドメインを取得する際に、200GBのレンタルサーバーも合わせて契約ができるのでここで一緒に取得しましょう。1時間以内でWordpressの環境は整います。

WordPressを使う理由としては、WordpressのCMSシェアが世界的に見ても圧倒的だからです。これからWebマーケティングのプロを目指すのであれば、クライアントもWordpressを使っているはずです。今のうちに基本的な使い方に慣れてしまって、すぐに使えるようになりましょう。

手順4: ブログ記事を書く

WordPressのインストールが完了したら、速攻でブログ記事を書きましょう。ブログを書く前にSEOで受けるようなどの記事なのか知りたいと思われるはずですが、原則は、特定のキーワードを入力したユーザが知りたい情報を考え、記事に落とし込むということです。自分が書きたい気持ちも重要ですが、目的は検索エンジンで上位表示される記事ですから、良い記事を書くことを心がけましょう。SEO的に良い記事については、こちらの記事で紹介しているので、こちらも合わせてお読みください。

手順5: 効果測定

大量の記事を書いたら、その記事が実施にどれだけのアクセス数を獲得しているかを確認しましょう。WebマーケティングではこのPDCAが大切です。データを確認するために、GoogleアナリティクスというWebサイトの無料データ解析ツールを導入しましょう。Googleアナリティクスの導入方法は以下の記事をご参照ください。

【保存版】Googleアナリティクスとは!? 初期導入からできる分析まで解説

分析する際には、その記事からのオーガニックセッションを確認するようにしましょう。また、余裕があればGoogle Search Consoleを確認して対策キーワードでの検索順位を確認してください。

特定のキーワードの周辺キーワードに関する記事を書いていると気づいたときには順位が上がってくるはずです。継続的に試してみてください。

DB系サイトを勉強する方法


SEO関連では、DB(データベース系)サイト向けのスキルを独学で伸ばす方法もあります。

DB系サイトとは、ファッションECやレストラン検索サイトなどのような、サイト内でユーザに条件検索をさせてリスティングを表示させるようなECサイトです。コンテンツ系サイトと絶対的に異なるのが、サイト内検索ベースである点です。

そもそもこのようなサイトが個人で作れるのかと思われていますが、最近ではCMSのテーマで実装が可能なようです。詳しくはこちらの記事で手法を紹介していますので、ご参照ください。

また、私は個人でDB系サイトを構築していて、ノマドカフェというカフェ検索サイトを構築しているので、もし興味があったら見て欲しいです。

Web広告を勉強する方法

最後に紹介するのはWeb広告の独学方法です。Web広告の中でもリスティング広告の独学は比較的簡単です。個人で専用のLPを用意して、特定のキーワードを狙って集客を書ける訓練をすることができます。

この場合のコンバージョンは、アフィリエイト広告の成約です。意識すべきは獲得コスト(CPA)がアフィリエイトの成約単価を上回っていることを確認することです。

Webマーケティングにおいては、どちらの手法も大切ですが、SEOはストック、広告はフローのイメージのため、オススメするのは、SEOによる2つの方法です。これらの中から自分のやりたい方法を選んで試して見て欲しいです。

口ではなく永遠に手を動かせる人は成長できる


時代の流れに伴い、個人で出来ることがどんどん増えてきています。この記事で紹介したようなWebマーケティングの独学もすぐに出来ることですし、現にやっている人もたくさんいます。これからWebマーケティングをやるなら、本記事で紹介した3つのいずれかに挑戦することをおすすめします。1番簡単なブログからスタートすることをオススメします。実際これで100記事書けばSEOのコツがわかるのでまずはやってみてほしいです。

これからWebマーケティングの領域もスキルが画一化し、人材の差別化が難しくなると思います。皆が独学で習得できる時代になったので当たり前の話ですが、そのことは念頭に入れて取り組むべきです。独学は孤独との戦いですが、一緒に頑張って行けたら僕も嬉しいです。