avatar
Webマーケティング起業希望者🔰
WebマーケティングをやるとWebサービスの包括的なスキルが身について起業しやすいと聞いたことがあるのですが、本当なのか? 起業する方法について知りたい!!

上記の疑問に答えるべく本記事では、以下について説明します。

本記事で説明する内容

① Webマーケティングで起業する方法
② Webマーケティングが起業しやすい理由
③ Webマーケティングで起業している人の例

Webマーケティングは独立して個人マーケターとして勝負できるだけではなく、個人でWebサービスを立ち上げる上でも大変有効なスキルとなります。

本記事を読んでいただけますと、個人でビジネスを行う上でWebマーケティングを経験することがいかに重要であるかを理解できるかと思います。

本記事が対象とする読者(ターゲット)

① Webマーケティングを経験したい人
② 将来的に独立・起業したい人

Webマーケティングで起業する方法は2つある!!

Webマーケティングを経験してそこから起業する方法としては以下の2通りです。ここでは、各方法の概要とメリット・デメリットについて説明します。

Webマーケティングで起業する方法

方法1: Webマーケターとして独立する方法
方法2: Webサービスを個人で立ち上げる方法

方法1: Webマーケターとして独立する方法

Webマーケターとして独立することで個人で専門コンサルティングサービスを提供する方法です。

どのように業務をするのか!?

自身が培ったWebマーケティングに関する専門性(SEO、リスティング広告、SNSマーケティング、コンテンツマーケティング)を利用して、企業と業務委託契約を結ぶケースが一般的です。

独立するメリット

Webマーケターとして独立すると、企業に所属している時よりもWebマーケティング業務だけに専念することができます。企業にいるときに、関係部署との調整や社内業務などのノイズが多いですが、Webマーケティングの業務だけに集中することができます。

独立するためにすべきこと

Webマーケターとして独立するためには、最低でも1年以上のWebマーケティング経験が必要です。これは未経験採用からWeb代理店にコンサルタントとして入るなどして経験を積むことができるので、まずは経験を積むことです。

関連ページ:
Webマーケティング未経験OKの求人で確実に採用される方法を公開

方法2: Webサービスを個人で立ち上げる方法

Webマーケターとして多くのWebサービスのビジネスモデルを見てきた経験を活かして個人でWebサービスを立ち上げる方法です。

どのように業務をするのか!?

今個人で起業するとなれば店舗を持つような初期投資のかかるビジネスではなく、少ない初期投資で行えるWebサービスの立ち上げが合理的です。特にここでは、「広告収益モデル」によってマネタイズするメディア事業を想定して説明していきます。

Webサービスを立ち上げるメリット

個人でサービスを立ち上げると、サービスが軌道に乗れば、何もしなくては不労収入が入るため、少ない労力で利益・収益を得ることができ、コストパフォーマンスが非常に高いです。

Webサービスを立ち上げるためにすべきこと

Webマーケティングで独立するよりもハードルが低いです。基本的なWeb知識をインプットしながら、今すぐにでもブログサイトを立ち上げることが可能です。

Webの初心者であれば、まずはブログを立ち上げ個人で稼げるように記事を投下しましょう。中級者以上であれば、個人でオウンドメディアを立ち上げることが可能です。

関連ページ:
Webマーケティング習得で最も効果的なのはブログ運営であること

Webマーケティングで起業しやすい理由

Webマーケティングを1度経験すると、Webサービスで起業しやすいです。

Webマーケティングで起業しやすい理由

理由1: Webのビジネスモデルに精通している
理由2: 費用は記事制作費用とサーバー代のみ
理由3: 横展開しやすい

理由1: Webのビジネスモデルに精通している

Webマーケティング業務を経験しているとわかるのですが、WebマーケターはあらゆるWebのビジネスモデルを日々見ているので、Webサービスを立ち上げる上で必要となるサイト構造や取りやすいキーワードをイメージしやすいです。

Webサービスの代表的なビジネスモデルとしては、
「広告収益モデル」、「コンテンツ/サービス課金モデル」「ECモデル」「マッチングモデル」の4つのモデルがありますが、個人でオウンドメディアを立ち上げ、もっとも難易度の低い「広告収益モデル」を選択すれば、短時間でWebサイトをマネタイズすることも可能です。

avatar
カズヤん
本サイトのようなブログも「広告収益モデル」でメディア事業を展開している形にな李ますので、これも立派な起業と言えます。

関連ページ:
Webサービス収益化の仕組みとは!? Webサイトのビジネスモデルを徹底解説

理由2: 費用は記事制作費用とサーバー代のみ

そのサービスモデルで事業展開するかにもよりますが、大規模なシステムを構築の場合には、初期費用で500~1000万円ほどかかってしまいます。

しかし、「広告収益モデル」のメディアビジネスを展開する場合でしたら、サーバー代と記事制作費用だけ考慮しておけばいいので、初期費用2000円(サーバー代+ドメイン取得費用)と月額ランニングコスト50000円 ~ 100000円(サーバー代 + 記事外注費)くらいを考えておけばいいでしょう。

理由3: 横展開しやすい

1度メディアを立ち上げて見てほしいのですが、WebサイトはWordpressなどの有料テーマを利用して記事コンテンツを入れ込む作業になるため、どのサイトもやっていることは全く同じです。

1つのメディアで成功できたら、全く同じ手順で記事を製作し、サイトを大量に作るだけです。

avatar
カズヤん
サイトのコンセプトやキーワード選定だけは入念に行うことが大切です。ここでコスパの悪いキーワード市場を狙うと勝ちにくくなりますので注意しましょう。

Webマーケティングで起業している人の例

Webマーケティングの2つの起業形態でそれぞれ成功している先人の事例を紹介します。

Webマーケティングで起業している人の例

例1・・・坂内 学さん(manablog運営者、Webマーケター)
例2・・・アフロさん(アフログ運営者、Webマーケター)

例1: 坂内 学さん(manablog運営者、Webマーケター)

出典: manablog

坂内学(ばんない まなぶ)さんは、manablogという個人ブログを立ち上げ、SEOやアフィリエイトのスキルを身につけ、企業のSEOコンサルタントとしてもご活躍されています(現在はWebマーケティングコンサルはやっていないらしい)。

さらに、ブログ運営ノウハウを活かして、記事を外注しサテライトサイトを複数運営されています。これがサイト運営ノウハウの横展開の良い例かと思います。

例2: アフロさん(アフログ運営者、Webマーケター)

出典: アフログ

アフロさんは、数々の大企業のWebマーケティング部門のマネージャー職を経験した後に個人のWebマーケティング会社を立ち上げています。フリーランスというよりもはや起業家ですwww

アフロさんはWebマーケティングの経験が大変長いため、若手のマーケターからすると再現性は低いですが、非常に魅力的なキャリアですので、目指すべき人なのではないでしょうか。

さいごに

Webマーケティングが起業しやすい理由について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。本記事で説明した内容を以下にまとめます。

本記事のまとめ

Webマーケティングで起業する2つの方法
– 方法1: Webマーケターとして独立
– 方法2: Webサービスを個人で立ち上げる

Webマーケティングで起業しやすい理由
– 理由1: Webのビジネスモデルに精通している
– 理由2: 費用は記事制作費用とサーバー代のみ
– 理由3: 横展開しやすい

これからWebマーケティングを行う上で企業を目指すならまずは、ここを目標にやってみるのがいいのではないでしょうか。

私自身もフリーランスとして活動をしつつも、本メディアのコンテンツ拡張さらに、別メディアの運営を積極的に進めて参りたいと思います。