avatar
Webマーケター志望🔰
・Webマーケティング未経験でベンチャー企業に入れるのか!?
・ベンチャー企業におけるWebマーケティング業務の難易度について知りたい!

上記の疑問・悩みを解決します。

こんにちは、Webマーケターのカズヤん(@webkirin)です。

本記事では、Webマーケティングの未経験者がベンチャー企業に入社するとどうなるのか、またベンチャー企業におけるWebマーケティング業務の難易度について説明していきます。

avatar
カズヤん
本記事を執筆する僕は埼玉県越谷市でローカルメディアKoshigayazineを運営しつつ、都内企業のフリーランスWebマーケターとして活動しています🦒🦒

IT企業から未経験でWebマーケターになったのですが、爆死した過去があるので、それも交えつつお話できたらと思いますw

本記事の想定読者は以下となります。

本記事の想定読者

・Webマーケティング業界への転職希望者
・Webマーケティング業界のジュニアポジション
・Webマーケティングに興味のある方

スポンサーリンク







Webマーケティング未経験でもベンチャー企業に入社できる

結論から言うと、Webマーケティングの実務未経験でもベンチャー企業に入社することは可能です。ただし、一定の事業規模の会社が未経験者の採用を行うことが多いです。

社員数50人規模ベンチャーから採用される

ただし、ベンチャー企業でも50人以上の規模を誇る企業で募集が行われることが多いです。これは、20人前後のベンチャーでは売上を立てることが重要事項で未経験者を育てる時間が無いからです。

もし社員数20人規模のベンチャーに入りたいと言うなら、中途採用かベンチャー企業でのインターンを経験し、実績を持っている場合に挑戦しましょう!!

Webマーケティング未経験でベンチャー企業に乗り込んだ話

まず僕自身は、ITコンサルティング企業で1年8ヶ月のキャリアを積んだ後に未経験のWebマーケティングアナリストとして30~50人規模のベンチャーのWebマーケティングコンサルティング会社に転職しました。

SEOの大規模データ分析に強みを持つWebマーケティングコンサルティング企業でしたので、未経験の僕は結構死にましたw

当時から個人ブログを運営していたので、SEOに関する基礎知識を持っていた自負があったのですが、担当した業務のほとんどが難易度の高いデータベースSEOの案件でしたので、そもそも求められる知識が少ししか役にたちませんでした。

結論から言うと、この会社は4ヶ月の在籍期間で退職してしまいました。完全にキャパオーバーでギブアップした形になります。

担当していた業務は、データベースSEOの調査や戦略策定の仕事がメインでしたが、個人が担当する案件の数が多すぎたことから、純粋にキャパオーバーになったのが主な原因です。

あの時にデータベースSEOやWebサイトのビジネスモデルについてもっと詳しければ、かなり高いバリューを出せたのではと今でも悔しい気持ちでいっぱいですwww

その後この会社で学んだスキルはWebディレクターとしてのキャリアに活きたので結果オーライでしたが、もし僕の経験からWebマーケティング未経験での就職・転職を考えている方々にアドバイスをさせてもらえるのならば、いくつかお伝えしたいです。

Webマーケティング未経験でベンチャー企業に入って驚かされたこと

Webマーケティング未経験でベンチャー企業に入社すると陥りやすい注意点について説明します。おそらくベンチャー企業では結構あるあるなので必ず見て欲しいです。

振られる仕事が多く、レベルが高い

ベンチャー企業では、そもそも個人が受け持つ仕事の量が死ぬほど多く、高いアウトプットを要求されます。

これはベンチャー企業自体が常に成長を求められ、成長性の高い市場で高いパフォーマンスを維持しなければ、事業存続自体が難しいためです。

Webマーケティング未経験でベンチャー企業に行くと、

「リード獲得の計画作っといて!! 明日会議で全体共有よろしく!!」

レベルの依頼をされて、今思えば2時間くらいで計画を組めますが、未経験でこういった依頼をされてもおそらく上司や部門長が納得するアウトプットを出すのは難しいと思います。

参考記事:
スタートアップとベンチャーの違いとは キリンが整理してみる

役員との距離が近すぎてびびる

ベンチャー企業は、人数が少ないので事業責任者や役員との距離がものすごく近いです。大規模な事業会社で勤務していた人の場合には、役員との距離にびびる人が多いはずです。

僕自身も当初は事業戦略について詳しくなかったので、同じ視座で会話をすることができず、役員の方と対等に会話をすることができなかった記憶が強く思い出されます。

キャラが尖っている人が多く自分に自信がなくなる

ベンチャー企業にいる人はめちゃくちゃキャラが濃いですwww Twitterでフォロワーが5万人いるようなインフルエンサーの社員もいます。

Webマーケティングのスキルとは関係ないようで、実はこのキャラ勝ちというのは重要なブランディングでして、戦闘力が強く見えるんですww

実際に話すと大したことはない人が多いので、今思えば未経験だったからこそのベンチャーの魔法な気がします。

新卒でWebマーケティングのベンチャーに就職するポイント

入る会社や業務と相性もあるかと思いますが、未経験でベンチャーのWebマーケティングコンサルティング会社に転職することはあまりオススメできません。もしベンチャー企業であれば、事業会社に入社のインハウスマーケティングチームのポジションを検討することをおすすめします。

ここでは、Webマーケティング未経験でベンチャー企業に入社する時に抑えるべきポイントを紹介します。

20人未満のベンチャー企業はオススメできない

そもそも20人未満の企業は未経験採用をしている企業が少ないのですが、もししている場合には、あまり応募することはおすすめできません。

これは20人未満の企業の場合には、個人が高い裁量を持って仕事が行える一方で、未経験を育てるような環境ではないため、知識・スキルのない状態で会社に入ると確実に力不足になるでしょう。

20人未満のベンチャーは、高い成長スピードが要求されるので、未経験で指示待ち(そのつもりがなくても個人でやりきれる人はそもそも少ない)の人は結果が出せず挫折する結果に陥りかねないです。

参考記事:
Webマーケティング未経験OKの求人で確実に採用される方法を公開

一定の実績を持っていれば通用する

とは言え、特定のスキルや実績をすでに持っている人であれば、Webマーケティング実務未経験であっても高い結果を出しやすいと思います。

例えば、SEOであればすでにブログで数万PV、アフィリエイト数十万円などの実績を持っている人であれば、SEOコンサルティング会社で結果を出しやすいです。

また、SNSの運用アカウントでフォロワー10000人以上を達成した経験があれば、SNSコンサルティング会社で高い成果をあげやすいです。

実務未経験でも事前に一定の実績を達成できるように心がけましょう(その方が入った時に楽ですww)

参考記事:
Webマーケティングに絶対必要なスキルセット6選 + 領域別スキル

Webマーケティングベンチャーに入るためにインプットを深めよう!!

本記事で説明したように、実務未経験でWebマーケティングベンチャー企業に入社すると、本気でしんどいですwww 圧倒的に成果を出せるのは胆力のある一握りの人材だけです。

Webマーケティング未経験でベンチャー企業に入るためには、入社前に一定の知識・スキルを身につけた上で、実績を作っていけるように頑張りましょう!!