avatar
Webマーケティング初心者🔰
「デジタルマーケティング」と「Webマーケティング」って似ているけれど、どのように違うのか知りたい!!

上記の疑問に答えるべく本記事では、以下について説明します。

本記事で説明する内容

① デジタルマーケティングとは何か!?
② Webマーケティングとの違いについて

デジタルマーケティングとWebマーケティングは似ているようで実はとても異なるマーケティング概念です。

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違いを理解することで、マーケティング活動を俯瞰で見ることができ、マーケティングについて包括的に理解することが可能になるはずです。

avatar
カズヤん
マーケティングって施策の数が本当に多すぎるので、マーケティング活動の枠組みを早いうちから理解することをオススメします!!

デジタルマーケティングとは!?

デジタルマーケティングとは、経営の意思決定に役立つ全てのデータを活用したマーケティングを指します。デジタルマーケティングでは、Webサイトデータだけでなく以下のようにあらゆるデータを対象としています。

デジタルマーケティングが対象とするデータ:
① SNSデータ
② サーバーログによるユーザー行動データ
③ ECサイトの画像データ
④ IoT関連データ(映像データ、音声データ、熱データなど)

Webマーケティングとの違い

デジタルマーケティングは、Webマーケティングとも概念が似ているので、これら2つの違いについて疑問に思う人が多いでしょう。しかし、この2つの対象とする範囲はやや異なります。

Webマーケティングは、Webサイトで取得できるデータを活用したマーケティング活動です。一方で、デジタルマーケティングでは、経営に活用できる全てのユーザーデータを活用するマーケティング活動です。そのため、以下のような包含関係になると思われます。

デジタルマーケティングの活動の中にWebマーケティングが含まれるいうようなイメージです。また、デジタルマーケティングでは、オンライン・オフライン両データを対象とすることにも注意が必要です。

デジタルマーケティングが対象とするデータはWebマーケティングが対象とするWebサイトのデータよりもはるかに多くのデータとなります。そのため、多くのデータからユーザー行動を正確に判断することが可能になります。

さいごに

「デジタルマーケティング」の概要や「Webマーケティング」との違いについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

本記事で説明した内容を以下に整理します。

本記事のまとめ

デジタルマーケティング
↪︎ 経営の意思決定に役立つ全てのデータを活用したマーケティング

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違い
↪︎Webマーケティングはデジタルマーケティングが対象とするマーケティング活動の1部分であり、Webサイトデータが分析対象となる。

どちらの概念の方が優れているとか言うことはないのですが、ビッグデータの活用など時代背景的にデジタルマーケティングの方がよく使われるイメージがあります。

これからWebマーケティングを始める人はこれら2つのアプローチの違いを認めながら、広い視野でマーケティング活動を行うことをオススメします。